コンサート

《歌曲の午後》《カルメル派修道女の対話》

【日本声楽家協会後援コンサート】

5月5日(土)、MUSICASA にて《歌曲の午後》《カルメル派修道女の対話》 が開催されます。  ご出演予定の日本声楽アカデミー会員、武田正雄さん(テノール)よりメッセージを頂戴しました。(田中)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランシス・プーランクFerancis Poulenc(1899-1963) の音楽は、20世紀の終わり、没後30年を迎えた頃から評価が定まったように思います。20世紀の作曲家には珍しい親しみやすさ、それでいて高い芸術性。このたびの演奏会では、昼の部で代表的な歌曲群、夜の部で大作であり傑作であるオペラ『カルメル派修道女の対話』を取り上げます。ご来聴ご高評のほどお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・