コンサート

2/17 月曜フレッシュコンサート~今夜はオペラなアラカルト~ソプラノ&バリトン ジョイントコンサート~

200217o64 ←クリックで拡大

《第272回 月曜フレッシュコンサート》
アルテリーベフレッシュコンサートのお知らせを担当する池田より、2月17日(月)に行われるコンサートについてのお知らせです。


第272回 月曜フレッシュコンサート
~今夜はオペラなアラカルト~ソプラノ&バリトン ジョイントコンサート~

〔日時・会場〕
2020年2月17日(月)
18:00開場 18:30食事 19:00開演
ミュージックレストランアルテリーベTOKYO
(JR新橋駅・地下鉄新橋駅より徒歩5分)

〔出演〕
谷石奈緒子(ソプラノ)
木村雄太(バリトン)
永井みなみ(ピアノ)

予定曲
A.ドヴォルザーク作曲
オペラ《ルサルカ》より
月に寄せる歌
G.ロッシーニ作曲
オペラ《チェネレントラ》より
四月に飛び交う蜜蜂のように
F.レハール作曲
オペレッタ《メリー・ウィドウ》より
唇は黙して(メリー・ウィドウ・ワルツ)…他

〔料金〕
5,600円(全席自由)

〔問合せ・チケット申込〕
アルテリーベTOKYO
電話03-3519-7007
メールinfo@alteliebetokyo.com


今回の出演者をご紹介いたします。

谷石奈緒子(ソプラノ)
福岡県出身。私立西南女学院中学校高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科ソプラノ専攻卒業。日本声楽家協会研究所研究科修了。
現在、同研究所研究員プリーマ在籍。日本声楽アカデミー准会員。全日本学生音楽コンクール北九州大会声楽部門本選奨励賞受賞。ソーナ・ガザリアンのマスタークラス修了。これまでに声楽を伊原直子、島崎智子、田中純子の各氏に師事。

谷石さんは、日本の名曲を、本格コーラスで歌い継ぐ、全員が東京藝大声楽科(出身/現役)の コーラス・グループ、「TOKYO VOICES (トーキョー・ボイセス)」のメンバーであり、
「杜の音シンガーズ」としても、BS-TBSの音楽番組「日本名曲アルバム」にもレギュラー出演中です。彼女の美声をお楽しみください。
——————–
・木村雄太(バリトン)
大分県立杵築高等学校卒業。 東京藝術大学卒業。声楽を宮本修、福島明也、渡辺健一、与那城敬、Nicola Rossi Giordanoの各氏に師事。
これまでにJ.S.バッハ《カンタータ8番》《カンタータ78番》《カンタータ145番》、モーツァルト・フォーレ《レクイエム》でソリストを務める。
オペラでは《ランメルモールのルチア》エンリーコ役、《カルメン》モラレス役、《ウェルテル》アルベール役、《道化師》シルヴィオ役、《ナクソス島のアリアドネ》ハルレキン役、《子どもと魔法》大時計・雄猫役、《黒蜥蜴》愛男役等に出演。
和田一樹指揮の下、《ラ・ボエーム》マルチェッロ役でリバティベルオーケストラと共演。
日仏音楽協会=関西主催第49回フランス音楽コンクール入選。第29回京都フランス音楽アカデミー修了。シンガポール・アートハウスでのコンサートに出演。
オペラルマK企画室代表としてコンサートの企画や制作を行う。オペラ普及や子どもへの音楽教育をめざした団体「童謡オペラ」演奏メンバー。洗足学園音楽大学演奏補助要員。

木村さんは日本声楽家協会の事務局でもありコンサートの制作もこなす多能なバリトンです。
彼の豊かな演奏をどうぞお楽しみください。
——————–
・永井みなみ(ピアノ)
大阪府立夕陽丘高等学校音楽科ピアノ専攻を経て、東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。
声や言葉を扱う作品を得意とする。ピアノやアンサンブル、吹奏楽、合唱、邦楽作品に加え、映像作品への提供など作品は多岐にわたる。主な取り組みテーマ:意識と無意識における音楽的実験。時間感覚の操作。心と身体、自己と他者、現実と非現実などあらゆる境界線を動かすこと。これまでに、第8回東京国際歌曲作曲コンクール第2位(最高位)受賞。自身の作品が収録された『左手演奏のためのやさしい小品集』がワンハンドピアノミュージックより出版。
アレンジャーとして参加した、和太鼓梵天のアルバム『獅子王』が発売。また、歌曲やオペラの伴奏ピアニストとしても活動。さまざまなコンサートやコンクールに出演のほか、CDレコーディングに参加。オペラ団体でコレペティトゥアとしての研鑽を積む。Teatro”Duemila”ピアニスト。早稲田倶楽部グリーサブピアニスト。


魅力あふれる三人の融合を存分に味わえるコンサートになりそうです。
美味しいお食事とお酒と共に贅沢な空間をお楽しみください♪