スタッフブログ

7月4日(土)日声協オンライン研究会 「声楽重唱の世界、珠玉のアンサンブル作品をレパートリーにしませんか 米谷毅彦」

オンライン研究会の様子

7月4日(土)15:00より日声協オンライン研究会in Zoomを開催いたしました。 

今回の発表者(講師)は、米谷毅彦先生。 
「声楽重唱の世界、珠玉のアンサンブル作品をレパートリーにしませんか」というテーマで発表下さいました。ご自身の体験から声楽アンサンブル作品の美しさと声楽家のレパートリーとして、大変重要であることをいくつかの楽曲を紹介していただきながら語っていただきました。

【次回のご案内】
7月18日(土)開始15:00 終了16:45頃
発表者:中村敬一

テーマ:「何語で歌いますか?」
内容:オペラは原初、ドメスティックなものであった。だが、いまや、アマチュア合唱団の主催するオペラ公演でも原語で歌われる時代となった。オペラの原語上演と現地語上演について考察を加える。

– 参加資格 - ※参加費無料
アカデミー会員、アカデミー准会員、コレペティトル会員、
正会員、研究員、研修⽣(研究科、本科、別科、コレペティトル科)