ニュース

アカデミー会員の活躍:志田雄啓(テノール)

8月10日(月・祝)の東京新聞に、日本声楽アカデミー会員の志田雄啓さん(テノール)らの活動の様子が掲載されました。新型コロナウィルスの感染拡大の対応に当たる医療従事者の方々や地域の皆さんに歌声を届けられたそうです。

志田さんからのメッセージです。
-------------------
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、数多くの芸術家が活動停止を余儀なくされていますが、8/9(日)地元神田の皆様の賛同を得て、船上の演奏会が実現しました。
神田川から順天堂医院並びにすべての医療従事者、入院中の皆様に向けて、カンツォーネの名曲「オー・ソレ・ミオ」の演奏で、エールを送りました。
神田の皆様の温かいお志に感謝しつつ、これからも、感染防止を念頭に置きつつ、心を癒すという音楽の効果を、出来るだけ多くの皆様にお届けする努力をすることで、社会貢献が出来ればと切に願っております。
-------------------

詳しい内容、新聞記事はこちらからご覧ください。

また、映像もございます。(演奏の様子)

東京新聞の映像