日本声楽家協会臨時プログラム

12/5 日声協オンライン研究会:青木美稚子

12/5(土)15時より、《臨時プログラム》オンライン研究会を開催いたしました。

実践しながらのオンライン研究会

今回の発表者(講師)は、ソプラノの青木美稚子先生でした。
テーマ〈歌~この不思議な人間の宝もの〉
概要は〈「歌」は心の言葉と共に、体を楽器にして生まれてくる音楽です。一体、私たちの体や心や脳はどのようにつながり、どんな働きをしているのでしょう。人間のすごい能力は殆ど隠れて見えません。でも気づくことはできます。60歳から私に驚きの変化や発見をもたらし、本来の声・ソプラノへと導いたフェルデンクライス・メソッドもご体験ください。〉です。

研究会では、まずは「自分の身体との対話」の実践。普段忘れがちな体の組織ひとつひとつとの対話がいかに必要かを学び、体の模型図などの資料を見ながらのレクチャーや、多くの実践も行われ、呼吸や姿勢、体の仕組みを学べる貴重な機会となりました。

------------------

次回のオンライン研究会のご案内です。
【日時】12月12日(土)15:00~16:45
【講師】服部容子先生
【テーマ】コレペティトゥアの仕事~脱日本語訛りの音楽“の練習の仕方:メロディ編
【要旨】西洋音楽の3大要素を織り交ぜつつ、『コレペティトゥア』の、また『ピアノ伴奏者』の立場から提案させていただく、日本語を母国語とする歌手の、“脱日本語訛りの音楽”を手に入れるための練習法、第2弾です。

-------------------

– 参加資格 - ※参加費無料
アカデミー会員、アカデミー准会員、コレペティトル会員、
正会員、研究員、研修⽣(研究科、本科、別科、コレペティトル科)

オンライン研究会についてのご案内は、下記URLリンク先にてご覧いただけます。
——————————————–
《日本声楽家協会臨時プログラム》オンライン研究会
https://nisseikyo.wixsite.com/seigaku
——————————————–