日本声楽家協会臨時プログラム

2/20 日声協オンライン研究会:岩見真佐子

2/20(土)15時より、《臨時プログラム》オンライン研究会を開催いたしました。

音源や楽譜、資料を用いながらの研究会でした

今回の発表者(講師)は、ソプラノの岩見真佐子先生でした。
テーマ〈Schubert“AveMaria”~古典に学ぶ~〉
概要は〈「詩と音楽と声」に触れる歌手にとって聴衆の期待に応える演奏の実現には、作品の美しさゆえに悩ましい難しさがあります。シューベルトのAveMariaを題材に、その演奏上のヒントをMozartやイタリア古典歌曲などの「古典作品の演奏に通じる学び」から得るとともに、エレンの歌の詩から讃歌、祈り、嘆きという作品の性格に触れてみたいと思います。〉です。

研究会は、F.シューベルト作曲の歌曲“Ave Maria”を中心に、題材とされている様々な歴史や物語などのレクチャーに加え、楽譜から読み取れる歌い方など、1曲についてを多くの視点からじっくりと学ぶことができた素晴らしい時間でした。

------------------

次回のオンライン研究会のご案内です。
【日時】2月27日(土)15:00~16:45
【講師】山本まり子先生
〔参考〕researchmapでの山本先生のページ
【テーマ】マーラーを究める ~歌曲の世界から交響曲の宇宙へ~
【要旨】グスタフ・マーラーの歌曲と交響曲に深い関連性があることをご存知の方は多いと思います。今回は、直接的な音楽の共有関係から、アイディアの潜在的な繋がりまで、両ジャンルに張り巡らされたマーラーの創作戦略を具体的にあぶり出したいと思います。

-------------------

– 参加資格 - ※参加費無料
アカデミー会員、アカデミー准会員、コレペティトル会員、
正会員、研究員、研修⽣(研究科、本科、別科、コレペティトル科)

オンライン研究会についてのご案内は、下記URLリンク先にてご覧いただけます。
——————————————–
《日本声楽家協会臨時プログラム》オンライン研究会
https://nisseikyo.wixsite.com/seigaku
——————————————–